スポット的な送迎にも対応できるハイヤー

企業間での重要な取引の場面や、過密スケジュールで移動をしなければならないときなど、企業の上に立つ人にとっては、意外にも社用車や専用車が必要な場面は多いものです。専属のドライバーがいて適した車を持っているならば問題ありませんが、持っていない場合は移動手段を考えなければなりません。

まず確保しなければならないのは、柔軟に対応ができる移動手段です。そこで注目したいのはハイヤーの存在です。取り引き先などから重役の立場の方をお迎えするために空港や駅に向かったり、各営業所や工場を見学してもらうのにスケジュールに合わせて動く必要がありますから、そういう場面に慣れたドライバーを雇うのは最善の策と言えます。

ハイヤーの運転手は、運転技術もさることながら、相応の礼節を持って接客にあたれるような教育を受けています。また、その地理にも精通していることがほとんどで、不意の予定変更や交通渋滞の際などにも、その時々に応じた運転と移動が可能です。

ハイヤーであれば、大切な賓客を出迎えるためのスポット的な移動の用務にも十分に対応してもらうことができます。この場合の契約では、常々利用するわけではないドライバーを自社で雇うよりも、社用車とドライバーを利用する時にハイヤー利用に切り替える方が、より経済的で効率が良い可能性もあり、企業にとってメリットになり得ます。そして基本的にハイヤーは、車両とドライバーをセットで専属的に貸し切る契約ですので、当日の日程を自由に決めて、そのとおりに移動することができますし、電車やバスなどの公共交通機関とは違って、車内における機密も確保できます。

車両は黒塗りの高級車が定番というイメージがあるでしょうが、ほかにも多人数であればワゴンタイプなどを指定することが可能です。ですから、格式を踏まえた最適な移動環境を用意するという意味では、これほどぴったりとした手段はありません。

また、ハイヤーのドライバーはベテラン揃いである場合が多く、外国語に堪能な人材も指定できますので、その意味での信頼感も大きいといえます。外国語が堪能というところでは、最近は個人の観光でもハイヤーは多く利用されています。英語のみならず、中国語や韓国語といったアジア圏の言語に長けた方もいます。案内役も兼ねてドライバーを雇うことができるため、海外からのお客さまと一緒に名所をまわったり、案内したいときにもおすすめの利用方法です。