ハイヤーの特徴や利点

ハイヤーとタクシーの違いがわからないという人もいるでしょう。それぞれ異なる部分を理解しておけば、用途によって使い分けることができます。まず利用している人も多いタクシーですが、予約することなく利用が可能で、路上を走っているタクシーを止めて乗り込んだり、電話で来てほしい場所へ呼び出したりができます。

一方ハイヤーは、完全予約制での利用となっています。営業所の車庫を出発してから乗車地までと、降車地から車庫に戻るまでの回送料金も利用料金に含まれ、時間で契約をして利用するのが一般的です。そう聞くと高額な料金が発生するイメージもあり、タクシーを利用した方が良いと考えがちです。しかしハイヤーは会社や専門機関での研修を受けるなど、教育が徹底されています。基本的にどのドライバーも運転はもちろん、接客に関しても丁寧で確実な対応ができるようになっています。メンタリティーや運転のノウハウ、スキルを持った乗務員が運転してくれるので安全ですし、依頼側も大切な人への送迎を安心して任せられます。

観光や旅行、接待など特別なシーンで利用することができ、車種も豊富にあるので、様々な要望に応えることが可能となっています。仕事で利用する際は、期間契約をすることが多く、スポット契約や長期的な運行の契約などスタイルもさまざまです。企業では、役職が上の人が利用する場合や、重要なゲストを乗せることが多いでしょうから、高級車両を配車してくれて、専任のドライバーが付くハイヤーのサービスは、利用用途にぴったり適合するでしょう。

車両のサービスや運行管理など、管理体制もしっかりと行き届き、全てにおいてクオリティが高いサービス内容となっています。ハイヤーの会社では、24時間問い合わせや申し込みができ、会社によっては、空き状況を見て当日でも手配ができる場合もあり便利です。ただ、その場合にはドライバーや車種などの指定ができないこともありますから、利用する日時がはっきりしているなら、早い段階で予約することをおすすめします。

ハイヤーは乗車する人数によって料金が変わらないので、その車両の最大人数での利用なら、一人が支払う額が少なくなるでしょう。海外からの観光客や旅行客にも対応できるように、英語など言語に関しても長けているプロが対応してくれるのも魅力です。専属利用の場合には、事前に担当のドライバーと面接することができるので、信頼できる相手が確かめられるというのも良い点です。ハイヤーは敷居が高いという印象を持ってしまいがちですが、実際には個人でも気軽に利用することができます。