ハイヤーは様々な用途で利用できる

ハイヤーは様々な用途で利用できる ハイヤーは様々な用途で利用されています。品のある高級車をプロのドライバーが運転をしてくれる時間は贅沢であり、ビジネスでの使用から個人的な利用まで様々な場面で活用されています。

ビジネスで利用する為に、社用車として専用チャーターの契約をすれば、必要な際にいつでも簡単に利用することができます。頻繁に手配が必要になる仕事の場合、この契約は特におすすめです。急な来賓や大切な方の送迎の時に、スムーズにハイヤーでの送迎ができれば、移動時間も最高のおもてなしをすることが可能になるでしょう。

ハイヤーを利用せず、社用車で対応する場合は、ガソリンが無くなればガソリンスタンドまで行く必要がありますし、ガソリン代も社用車毎にかかってしまうため、精算手続きが手間になります。高速道路などの有料道路を使用する際には、ETCカードの利用履歴をチェックするなどの仕事も増えてしまうでしょう。また、社員が運転をする場合は、運転に慣れていない新入社員もいるため不意の事故も心配です。新入社員でなくとも、仕事で疲労し注意が散漫してしまっている社員に社用車を運転させてしまうリスクは少なからずあります。不注意での事故で社用車に傷が入ってしまった場合は、車両保険の電話連絡や修理をする日程調整が発生するのはもちろん、車両が一台使えなくなってしまうため困る事態になってしまいます。

ハイヤーの契約をしていれば、専属の運転手が責任を持って運転をしてくれますし、車両の管轄も契約したハイヤー会社が負担するため、何か問題やトラブルがあっても基本的には自社で責任を取る事態にはなりません。利用料金も、ガソリン代含め一括での請求である場合が多く、細かな事務作業の手間が省けるため忙しい月末の処理においても助かるでしょう。

普段使いをしない場合は、専用のチャーター契約ではなく、利用日にだけ契約するというプランがあります。会社のゴルフイベントやその日だけの大切な方の送迎の利用時におすすめです。利用する人数に応じて車種を選択することができるため、複数人での移動の際も安心です。用途に合わせて車両の変更ができる点は、このプランのメリットと言えます。車内は完全にプライベートな空間なので大切な話もしっかりと出来ますし、車内でお酒を飲み交わしながら関係を深めることも可能です。

ハイヤーは、ビジネス以外での個人の利用ももちろん可能です。例えば、結婚式などの大切な日に、挙式会場から披露宴会場までの移動に利用するケースがあります。各々でタクシーを呼んだり車で移動をしていると、道案内が必要であったり、渋滞事情を気にする必要が出てきてしまいます。初めから大きめのハイヤーの車両を手配しておけば、こういった不安や手間が全て払拭されます。複数人を一括で移動させる事が出来るのはもちろん、特別な車両であるため、素晴らしい挙式の余韻を残したままの移動が可能となります。そのため、会話も弾みますし、モチベーションも保ったまま快適な移動が出来るでしょう。

法事の際も、住職の送迎において利用するのはおすすめです。住職の中には自身で法事の会場に来てくれる方もいますが、住職のいるお寺はアクセスしにくい場所にある場合が多く、何かと不便をかけてしまいます。公共交通機関を利用して移動となると、遅延等の可能性もあるため、到着するまで不安に苛まれる可能性があります。多くの人が集まり、スケジュールも細かく決まっている場合は、尚更不安になるでしょう。ハイヤーであれば安心して送迎出来ますし、手配することで、プロのドライバーによる素晴らしい接客を通して住職に感謝の気持ちを伝えることにもなります。大切な方の送迎時にハイヤーを利用することは、乗車している方はもちろん、契約をした利用者にも満足感がありますし、事を運ぶ上での効率も良くなります。

最新ニュース